YAMAHA FG-130 FG-200を使っているプロのアーティスト【竹原ピストル使用ギター】

YAMAHA FG-130を使っているプロのアーティストがいるのを知っていますか?
名門ブルーノートからデビューした Priscilla Ahn(プリシラ・アーン)という人です。


ちなみにYAMAHA FGとは?

YAMAHA FGシリーズは1970年くらいのギターで、大体が合板のギターです。
金額もリーズナブルなのですが、一時期は「渋い音がする」「音が大きい」などと言われ一部のマニアに人気でした

その中でも一番人気だったのがFG-180赤ラベルです。
ゆずなども使っていたので一時期は10万円近くで売られていました。


YAMAHA FG-130を使っているプロのアーティスト プリシラ・アーン

www.youtube.com

Priscilla Ahn(プリシラ・アーン)さんは日本語の曲もカバーしたりしていますが、ぼくが好きなのは↑このライブ映像。
ルーパーを使ってコーラスをいれていますね。


www.youtube.com

ヤマハFG-200を使っているのは竹原ピストル


2017年紅白にも出た竹原ピストル。
スキマスイッチや山崎まさよしが所属するオフィスオーガスタの所属です。

大晦日の紅白では、マイクを立ててアコギの音を拾っていましたね。
がっつり生演奏、アコギの音が良いかというと難しいですが、迫力のある演奏でした。

まとめ

YAMAHA FGシリーズ、中古でたくさん売っていますよね。
またはお父さんの弾いてたアコギでよくでてくるのがヤマハFGシリーズ。

ぼくも今までたくさん買ったり、拾ったりしてきました。

FG-200
FG-180J
FG130
FG160
などなど

ハードオフで買ったり、もらったりしたこともありました、
どれもお気に入りでしたけど、FG-130は路上ライブでガンガン使っていましたね。
今思えば、なぜあんな小さいボディのギターを使っていたのはわからないけれど、雨にぬれてもしょうがないギターとしても使っていました。

去年、数本捨てたFGシリーズ、今は1本だけ残っています。
大体がトラスロッドが壊れたりしてるんですよね。

ボンボンなるような、アコギですが、音も大きく嫌いになれませんね。
FGシリーズにはお世話になりました