【やってみた】PAが無い数百人くらいのイベントもBGMを流せる超ミニアンプ

f:id:rororororo:20171113232307j:plain
5年位使っているけど、このミニアンプおすすめです!


先日野外のイベントでBGM演奏してきました!
(左下の小さいアンプがそれです!)
f:id:rororororo:20171113232316j:plain

音楽はいつものルーパー(BOSS RC-505)を使って、ギターや電子ドラム、生パーカッションなどを、その場で音楽を多重録音をしていくスタイルです。

f:id:rororororo:20171113232328j:plain

家で上から撮った機材。
f:id:rororororo:20171113232551j:plain

どんなイベントに出たのか

基本的には食べ物や、おしゃれな雑貨、アクセサリーのイベントです

なので、ぼくを見に来たというより、生演奏やって心地よい音楽を流す雰囲気作り担当でした。
一応、「多重録音で生演奏中」と貼っていたので、なになにと見てくれる方、子供たちも…!

しかしね、そこそこ会場が広い。
上から見るとこんな感じです。

f:id:rororororo:20171113233245j:plain

お店は40くらい出店していて、出店者やスタッフも合わせれば常に数百人はいる会場です。

で、使ったのがこのちっこいけどハイパワーなアンプです。

f:id:rororororo:20171113233543j:plain


このアンプで隅から隅の店まで、また上から取った写真のいちでもBGMとしてばっちり音楽が聞こえていました。
これマジですごいっす!

使ったアンプはこちら

ランチボックス、アコースティック


(↑サウンドハウス)

5年前くらいに4万6千円くらいで買いました。

小さな会場(数十人程度)ならこれ一つでアコースティックライブができるとのことで買ったんですけど、イベントに出るときはPAさんがいることが多く使うことがなかったんですよね。

しかし、ルーパーで音楽を作り始めてから使う機会が増えました。

ほんと、これ便利!


なんせ小さい、軽い!(4kg)でも200Wのハイパワー!


ちなみに去年は、こんな会場だったんですけど、このアンプ一つで大丈夫でした。

f:id:rororororo:20171113234558j:plain

機能紹介

裏とパネルはこんな感じ。

f:id:rororororo:20171113234633j:plainf:id:rororororo:20171113234636j:plain

マイクとエレアコを同時に入力できます。
リバーブもついてる!

コンパクトなボディに200Wの大出力パワーアンプを搭載。独立したマイクチャンネルと楽器入力チャンネルを搭載し、それぞれ別々に音質調整及びリバーブをかけることができます。アンチフィードバック回路も備え、弾き語りにも最適です。


音楽を流すのにミニジャックのAuxもついていて便利です。

エレキギター用もあります。


ミニサイズでスタジオにも持ち歩きが楽。
アンプを持ち歩けるので、セッティングそのまま、音が変わらずライブにも使えるなのがうりのようです。

専用バッグもあります。

まとめ:アコースティックライブならおすすめ

このアンプ一つで、小さい規模のライブなら出来ますからね。

こんなPA↓を買わなくても、弾き語りツアーとかする方におすすめです。